« アドルフに会った | トップページ | 安心して飲んだら飲み過ぎ・・・ »

2011/07/02

セルマーModel22を吹いてみた

先日はアドルフのサックスを吹いてみたのですが今回はセルマーです。Model22です。
セルマーのカタログによるとModel22は製造番号1400から。
今回吹いたのは1746。当時は月産30本程度ということですから製造年は1923年なのかしら・・・

Model22_003

管の長さは短く、現代のケースだとこんなに余っています。
最低音はシまでです。

Model22_004


オクターブキーは写真のようにふたつあります。
高いラの音から上は右側のオクターブキーを押さえます。

Model22_005

音はこんなです。
最初の6秒は現在のマウスピース。
現在のマウスピースを付けて吹くとやはりセルマーらしい明るさがあります。
残りは古いセルマーのマウスピース。大きくえぐられた太径のマウスピースから出てきたのはいくぶんダークな音でした。

「model22_010.mp3」をダウンロード

楽しく吹かせていただいてたら倉庫の奥からやはり古いビュッフェです。

Model22_014

製造番号は4417と読めます。
クランポンのサイトで調べることが出来ました。

ブランド : Buffet Crampon
プロダクト : Saxo Alto 41 F Mib
製造番号 : 4417
製造年 : 02/07/1956

・・・ということでこの楽器はなんと私と同い年!

Model22_013

Model22_016

やはりオクターブキーはふたつ。
マウスピースを挿したままチューニングできるメカニズムが付いてます。

Model22_015

この楽器はまだリペア前なので吹くことは出来ませんでした・・・残念。

|

« アドルフに会った | トップページ | 安心して飲んだら飲み過ぎ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アドルフに会った | トップページ | 安心して飲んだら飲み過ぎ・・・ »