« 来週は中国へ | トップページ | あかいつぶつぶの絵 »

2011/05/29

薩克斯風

中国から帰った翌日は、「薩克斯風」の演奏会。
「薩克斯風」は中国語です。サクソフォンです。

Iphone_1055

「ちくさ座」って初めて入ったけど、こんなステージと客席。
天井の位置の関係から、楽器を演奏する場所によって響き方が違うんです。
この写真の一番奥には客席がないので響きが多く、手前の方だとかなりデッドです。

演奏された曲は、バッハの無伴奏チェロ、パガニーニ以外は全て現代曲。
(無伴奏チェロはテナーでの演奏、アンコールではアルト)
ステージの形、響きを利用して変化を付けるという独演会でした。
現代曲は滅多に聴かないのですが、ソロで演奏される現代曲は聴いていて楽しい。
そしてテクニカル。
聴いている方もずっと緊張感があり、聴き終えると「ホッ」とするんだけどね。
自分で演奏することはありえないけど、どんな楽譜なのか見てみたい気がします。
------------------------

タンゴ エチュードより第3番(アストル・ピアソラ)
ガーデン オブ ラブ(ヤコブ・テル・フェルトハウス)
イエザ(シルヴァン・カサップ)
タンゴ エチュードより 第4番(アストル・ピアソラ)
無伴奏チェロ組曲 第2番より(ヨハン・セバスチャン・バッハ)
9つのエチュードより ヴィール(クリスチャン・ロバ)
ナイト バード(田中カレン)
カプリス 第24番(ニコロ・パガニーニ)
舞(野田燎)
------------------------

|

« 来週は中国へ | トップページ | あかいつぶつぶの絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来週は中国へ | トップページ | あかいつぶつぶの絵 »