« Operaが3つ | トップページ | 知多半島横断 »

2011/02/05

~邂逅~

236155242

邂逅:偶然の出会い、巡り会い

邂逅というサブタイトルのついたリサイタルに行ってきました。
メンバーはマイミクのさやさん他3名のカルテット。
+ドラムス
+補欠  爆
でした。

さやさんはナゴヤサックスフェスタに高校の頃から参加していた方で、どういうわけか彼女のブログにコメしたことがあって、数年後・・・昨年のサックスフェスタでリアル認識という関係です。

彼女がリーダーになってできたカルテットで名音の院生がソプラノ、アルトを担当。
現役がバリトンです。
(院生のお二人は「知った顔」でした。今日初めて名前と顔が一致しました)

「卒業したらカルテットの演奏会を開きたい」と思い続け、やっと今日が実現したということ。そしてメンバーとは大学で始めて出会った。そしてそれは「偶然の出会い」ということなんですね。

一部は、
・サンジュレー:四重奏曲
・ボザ:アンダンテとスケルツォ
・パスカル:四重奏曲

二部は、
林田祐和:ストレンジ・ラン・フォーカラーズ
となりのトトロメドレー
名探偵コナンのメインテーマ
ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー

という演目。

そして、アンコールは情熱大陸。
二部以降はドラムスが入るし、補欠が乱入するし・・・

お客さんの年代は、中学生、高校生、そしてその保護者っていう感じでした。
吹奏楽部な人なんでしょうけど、一部の曲は楽章ごとに拍手が入りました。
・・・ん・・・・最後のパスカルまでそうだった・・・ま、しゃあないんですけどね。

第一部のサンジュレーから演奏はとても清潔な感じ。
くどくないんですね。
そういうところ若さを貰ったって思いましたね。
ま、演奏している人が若いわけですからあたりまえと言えばあたりまえ。

一部はほとんど「ぶっ通し」でした。
こういうところもやはり若い・・・っていうか体力あります。
普段「フットサル」で鍛えているからなのか?
・・・うん、私も自転車乗らなきゃ・・・って思ったな。

はい、一部、二部ともとても楽しめた演奏会でした。
普段は「一部クラシック、二部ポップスって演奏会は嫌い」って言ってますが、それは二部に大きな手抜きが感じられることが多いから。
今日の演奏会はまったくそういうことはありませんでした。
ちょっとした寸劇のようなことはあったけど、ま、大学生のノリですからね。

とても楽しめました、さやさんありがとう。お疲れさま~

|

« Operaが3つ | トップページ | 知多半島横断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Operaが3つ | トップページ | 知多半島横断 »