« こきりこ節とギリシャ組曲 | トップページ | ぐる輪はBコースに変更 »

2009/10/14

ドミソの作り方

勤務先の知人と音楽の話をしていたんだけど「純正律」を知らなかった・・・管楽器奏者なんですけど、その人。

で、その人に解説した内容が↓こんな話。
(昔々、ギターを良く弾いてたころに知った話なのでうろ覚えですが)

1.弦を張る。
2.はじく→出た音を「ド」とする。
3.弦の真ん中を押さえてはじく→出た音は「1オクターブ上のド」
4.真ん中じゃなく1/3のところを押さえて長い方(2/3)をはじく→出た音は「ソ」が鳴る。
5.すこしずらして1/4のところを押さえ長い方(3/4)をはじく→「ファ」が鳴る。
6.すこしずらして1/5のところを押さえ長い方(4/5)をはじく→「ミ」が鳴る。
7.すこしずらして1/6のところを押さえ長い方(5/6)をはじく→「ミ♭」が鳴る。

ド、ミ、ソの音の高さの比率は、最初の「ド」を1とすると、長さの逆数が音の高さなので、
ド:1
ミ:1.25(5÷4=1.25)
ソ:1.5(3÷2=1.5)
になる。

弦をはじくと倍音も出る。
1の倍音・・・って考え出すとあまりに倍音が多いので、1:1.25:1.5を4倍して、4:5:6にする。ドミソの音の高さの比率は4:5:6。
ここをスタートにして倍音列を並べると、
ド:4,8,12,16,20,24
ミ:5,10,15,20,25
ソ:6,12,18,24
ということになり、ドとソでは12と24が一致、ドとミでは20が一致する。
純正律の音はこんな風に決まっているので、倍音が一致して「心地よい響き」がする。

平均律だと1オクターブを12等分しているだけなので、ドを1とするとミは1.26、ソは・・・ええーっと、とにかく半端な数。

だから平均律のドミソは濁ってて純正律だと濁りのないすっきりした音がする。

|

« こきりこ節とギリシャ組曲 | トップページ | ぐる輪はBコースに変更 »

コメント

お久しぶりです。
少しわかった気がします。
ちょっと勉強になりました。

投稿: ちね輪 | 2009/10/15 08:51

ちね輪さん、おひさ~

今年の渥美は参加ですか?
参加でしたら、またよろしくでーす。

フレットレスギターがあれば簡単に実験できますよ。
(私も持ってないけど)
ハーモニクスが良く鳴る位置で、1/3~1/5の位置がわかります。
複数の弦でハーモニクス出して響かせるんです。その響きが純正律の響きです。

投稿: しんべえ | 2009/10/15 10:15

ハーモニクスだとフレット関係なく出来ます。

投稿: しんべえ | 2009/10/15 10:16

渥美は行けませんが、楽しんで来てくださ~い。

了解です、ハーモニクスと言えば、
ジェフベックが味付けに使ってたやつですね。

投稿: ちね輪 | 2009/10/16 08:54

>ジェフベックが味付けに使ってた

あまり聴いたことがありません・・・スマソ。

軽く弦を指で触れて弾くっての。

渥美は4040メンバーは何人ぐらいなんだろう・・・去年って10人ぐらいいたよね。

投稿: しんべえ | 2009/10/16 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こきりこ節とギリシャ組曲 | トップページ | ぐる輪はBコースに変更 »