« マイゼロンIDって | トップページ | Mt.Sangane »

2008/09/11

響け!みんなの吹奏楽・・・少し見た。

最初の部分を見てやめてしまいました。
最後まで見れば違った感想になるかもですけど・・・。

どんな音楽を演奏しようとそれはそれで演奏する側の勝手です。
吹奏楽団という楽器の構成はクラシック向きの構成だと思うので基本はクラシックをやって欲しい。まず最初にそれだろうと思うのです。

演奏指導は、須川展也、マルタ、北村英治、角田健一。
指導者のうち、主にクラシックで活躍している人はひとり。
こういうの違和感があるんですね。

オーボエの宮本文昭とかにやって貰ったらどうなんでしょうね。
それとか、NHKなんだからN響の団員とか。
選曲も、吹奏楽団向けオリジナルでも良いし、管弦楽団向けの曲のアレンジ。
まずはそれをきちんとやって欲しいね。

私はサックスって楽器を吹いたりしているんだけど、いろんなサックス吹きと話していると「カッコいいから始めた」って人のずいぶん多いこと。
或いは自分がサックスを吹いていることを話したときの他人の反応、「カッコいいですね」。

・・・・カタカナ書きの「カッコいい」より、「格好良い」ってのがいいよね。
見栄えの問題じゃなくてね。

どんなことだって気合いが入ってて、きちんとやって・・・ってのが本当に「格好良い」こと。
趣味でやってるんで、気合いレベルはまちまちだろうけど、「きちんとやろうとしている」ということが肝心なんですよね。

|

« マイゼロンIDって | トップページ | Mt.Sangane »

コメント

あの番組を音楽番組として鑑賞してはいけないように思います。
「素人のど自慢」とか「ラジオ体操」のような、視聴者参加番組でしょう。
その道の達人と一緒に時間を共有できて「あ、ウチのおじいちゃんテレビに出てる!」「テレビ見たよー」って言われて、ちょっと照れてちょっと自慢、というような。

以前「あの人って、NHKの音楽番組に出演したんだって」という話を聞いて「え! まさかあの演奏技術で・・・」と思ったのですが、出演番組が「みん吹」とわかり、ああなんだぁ・・・と力が抜けました。
すみません、ずいぶん過激なこと書いてますね。

以前ある吹奏楽指導者の方に「吹奏楽は聴く音楽ではなくて、やる音楽だからね」と言われて、なるほどねと思ったしだいです。
そう考えると、バッハでもストラヴィンスキーでもデューク・エリントンでもなんでもできちゃう吹奏楽って(やる音楽としては)無限の可能性を秘めていますよね。
ただポピュラーミュージックをやる時に、その音楽のセオリーを、ちゃんと勉強してほしいとは思いますが。そういう点であまりにも不勉強な指導者が多すぎるのが、現状ではないでしょうか?

たいした動機もなくサックスを続けてしまっているワタシには、今の状況はとまどうばかりです。
周回遅れのランナーが、たまたま先頭集団と併走しているような気分です、って表現したら自転車に乗っておられるしんべえさんには解っていただけるかしらん?

投稿: sin-nosuke | 2008/09/12 08:36

>「吹奏楽は聴く音楽ではなくて、やる音楽だからね」

それだったらJAZZだってそう思うけど。
クラシックだってそう。
声まで含めれば、手拍子まで含めればみんなそうだと思いますけどね。「楽しめれば何でもあり」じゃなくて、「どういう楽しみ方をするのか」がいろいろあって、演奏という楽しみ方だったりリスニングだったりする。
演奏というのもリスナーを想定するかどうかで大きく違う訳で、本番でリスナーに聞かせる以上はあまりに半端なことは出来ないでしょ。
もともと半端なのは「でたらめ」と言います。

>周回遅れのランナーが、たまたま先頭集団と併走しているような気分です、

先日の鈴鹿は2周遅れでしたので、先頭集団の列車に2回乗りました。
(自転車では空気抵抗の影響が大きいので集団の中に入ると楽。そういうの列車って言います)
でもやはりついて行けなくて千切れてしまう。
私の場合はもともとランナーを目指した勉強はしていないので悪びれることはありません。
先頭集団と並走してでも、並走できる力があるのですから、そのまま並走すれば良いんですよ。
もともとランナーになるための勉強をしたのですから。
周回遅れだけが出せる「大人の味」があればそれも良しでしょう。

投稿: しんべえ | 2008/09/13 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイゼロンIDって | トップページ | Mt.Sangane »