« 淡路島サクソフォンフェス終了 | トップページ | Mario! Mario! Mario! »

2008/03/04

Paraschosの木製リガチャー

リンク: start.

Image01

マイミクのてるてるさんのところで扱っているのですが、このたびの淡路島のフェスティバルで購入しました。

ランポーネのカーブドは高音、低音で苦労していたのですが、これに替えてずいぶん吹きやすくなりました。音については暖かみがありながら、きちんと芯がはっきりしている音ですね。
きっと遠鳴りすると思います。

てるてるさんは、リガチャーだけじゃなくネックもパラスコスにしているんですが、私のソプラノはどちらもデタッチャブルじゃないので使えません。

アルト、テナーについてはまだ試していないのでわかりませんが、テナーについては私の求めている音とはちょっとイメージが異なるように思います。

ストレートのソプラノについては、チャルメラ度が上がるかもしれないので、私の場合はカーブド専用かも。

今度時間があったらいろいろもっと吹き較べてみよう。

Image01

パラショスには、リガチャーだけじゃなく木製ネックもあるんですが、こっちも一度試してみたいものですね。
アルト、テナーはソリッドシルバーを使っているのはレスポンスがいいからなんですけど、木製はどんなでしょう。

「サックスって木管楽器だったんだ」って驚きがあるかもしれませんね。
ソプラノクラリネットの低音域の響きってとても好きなのですが、アルトに木製ネックを付けると、そういう響きになるんだろうか。そうすると、クラリネットのアンサンブルに加わってもとけこみやすいかも。

|

« 淡路島サクソフォンフェス終了 | トップページ | Mario! Mario! Mario! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淡路島サクソフォンフェス終了 | トップページ | Mario! Mario! Mario! »