« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/29

Waymarking - A scavenger hunt for unique and interesting locations in the world

リンク: Waymarking - A scavenger hunt for unique and interesting locations in the world.
ジオキャッシングと同じような遊びです。
ジオとの違いは現物のキャッシュがないこと。
人が見つけたポイントへ行ったら気軽にログを残せます。
気に入ったポイントがあったらサイトに登録。
・・・そんな感じ?まだ詳しく見ていません。

| | コメント (0)

2008/01/28

"Urban Cache #1","Noda Kouen" and "Tsurumai Kouen Foreign Exchange"

昨日はまた名古屋で宝探しでした。

最初のキャッシュは八田のUrban Cache #1。以前は見つからなかったのでリベンジです。
見つけたことは見つけたのですが・・・なんとまあ・・・でした。
写真を載せると誰でもわかる・・・ので写真はUpしません。

次に向かったのはNoda Kouen。
ここのキャッシュも工夫が施されています。
こちらも写真は載せられませんね。
写真Upすると誰でも見つけられますので。

最後は鶴舞公園。
あっさりと発見。

P1270021

ここの公園は初めて中に入りましたが、広々していて良いところでした。

P1270023

| | コメント (0)

2008/01/23

“Windows Mobile 6”搭載のスタイリッシュPND「Mio DigiWalker P560」 -MSNデジタルライフ

リンク: “Windows Mobile 6”搭載のスタイリッシュPND「Mio DigiWalker P560」 -MSNデジタルライフ.

マイタックジャパンの公式サイトには情報がありませんが・・・。
今度のモデルはWiFi、青歯付き。

P560

| | コメント (0)

2008/01/22

風が強くなかったので

仕事の都合で昼休みがずれました。
コンビニおむすびをさっさと食べて、屋外練習・・・と言っても1時間ほど。

Image_040

風がなかったので楽譜を出すこともできた。

以前のように宿泊で各地へ出かけることはありません。
主に県内の2カ所に車で出張することがあるのですが、その時は楽器を持っていって昼休みに練習したりしています。
カーブドソプラノは短いので便利です。

| | コメント (0)

2008/01/13

The Terrace & Forgotten Paths

ここは以前探しに来たがわからなかったところ。
今回はリベンジです。

午前中は名古屋青少年吹奏楽団の練習だったので、午後からです。
星ヶ丘で昼食を取り、現場(The Terrace)へ。

マグルは少ないのですが、ちょうど現場付近に2人連れの女性が・・・。
いくら待っても移動しないのです。
仕方なく「落とし物を捜すふり」で入り込みました。
前ももぐったことがあるのですが、主に道路の反対側を探してたんですね。
今回はあっさりと見つかりました。

「マグルが多い場所=ささっと取り出しやすい」というのも原則ですね。

Xp1130011

次は東山公園。
前回は蜘蛛の巣があまりに多く(夏だったのでもちろん蜘蛛も多かった)諦めたところです。
隠せるところはあまりに多く、従い「ここしかない」というところを集中的に探すとあっけなく発見。

Xp1130012

| | コメント (0)

2008/01/06

ゼロハリ

新しいゼロハリが増えましたので並べて写真を撮りました。

Xp1060001

一番古いのは左上のアタッシェで、もう20年以上前のものです。
そのすぐ下のが新しく加わったものです。

↓新入りの写真。

Xp1060009

中はこんなです。

Xp1060008

続きを読む "ゼロハリ"

| | コメント (2)

2008/01/05

Urban Cache #2,#1 and Haruhi

休みは今日と明日でもうおしまい。
宝探しに行ってきました。

最初の行き先は、八田。
この付近に最近2つの宝が隠されました。

自宅から名鉄の住吉町まで自転車で行き、輪行です。
自転車はビアンキのフレッタ・モノコック。
輪行袋は安いカバー。まるでエアコンの室外機カバーのようです。
(チビ輪バッグが欲しいよう・・・)

Xp1050001

続きを読む "Urban Cache #2,#1 and Haruhi"

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »