« 栗きん糖 | トップページ | 三河湖はしんどい? »

2007/10/24

xを注文

Map60csx_j__map

この前から使っているGPSmap60CSですが、ずいぶん良いので買うことにしました。
買うのは当然GPSmap60CSx。GPSmap60CSのモデルチェンジ版。
(使っていたGPSmap60CSは借り物だったの。)

で、GPSmap60CSとGPSmap60CSxの違いは何かというと、
大きさや重さ、メニュー構成などは変わりません。
xはGPSのチップがSiRF Star Ⅲなんです。
それと、xは地図はMicroSDに入るのです。

ハードの違いは上記の通り。
SiRFになることにより、林の中でも受信はバッチリ。トンネル通過後の再捕捉も素早い。
電車移動では窓際に置いてても拾います。
(SiRFの良さは、Edge305、Mio P350、BT-338で充分わかっています)

地図についてはxでないのは32MBの本体メモリーに転送していたわけで、全国は当然入りません。xだと全国がまるまる1GBに入っているらしい。
(でも、所詮1GBですから情報はそんなに入ってないと思います。ナビンユーの全国詳細が2GB付近でしたから。)

また、地図上に表示して欲しいコンビニマークなどもどれほど表示できるかはわかりません。
たとえば、携帯電話(X01HT)に入れてるPocket Mappleだとコンビニのマークは詳細図にしないと表示されません。詳細図にすれば表示エリアは狭くなるので、結局どこにコンビニがあるのかは調べられないのです。
たとえば駅のそばにコンビニがあるかどうかは調べられるけれど、今いるところからどれだけ移動するとコンビニが有るのかなどとても調べにくいのです。
そういう味付けの違いがいろんな地図の使い勝手の差になるのですね。

Super Mapple8をパソコンに入れてあっても、ナビンユーが手放せない。
ナビンユーだと詳細図でも広域図でもGSSやコンビニマークが出ます(極端な広域では出ませんが)。
ルート検索はSuperMappleにもありますが、使い勝手はナビンユーです。
ナビンユーではマップコードがすぐにわかります。

パソコン用の地図もいろいろ一長一短があって、またPNDもそうです。
P350はマップコードが使えますし、最寄りのミスドを簡単に探せます。
現在位置から最寄りの何かを探すというのはGPSmap60にも有りますが、ミスドが入っているかどうかまではカタログではわかりません。

まあ、物が届いたら比較レポでも書きますかね。

・・・・きっと地図オタですね、私。

そうそう、10m等高線の入った地図。これってガーミンの場合は標高値が実際に入っているので欲しいんだけど、残念なことにこの地図だとルートナビができません。
(直行ナビはできる)
それに全データは1.8GBなので2GBのMicroSDをさらに購入して、しかも入れ替えて使うことになってしまうのです。
というようなことなので同時注文は見送りました。
等高線を数える、カシミールであらかじめ計画たてる、誰かが行ったログをネットでゲットするなどとりあえずは何とかなるし。

|

« 栗きん糖 | トップページ | 三河湖はしんどい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗きん糖 | トップページ | 三河湖はしんどい? »