« 今日も暑かった | トップページ | 郡上八幡でモーニング »

2007/08/18

Mio P350の連続使用

Mio P350は電池容量が大きくないので自転車で走るときはバッテリーエクステンダーを使っています。
バッテリーエクステンダーに電池を入れ、その本体を小さな袋に入れて自転車に取付、充電しながら走りたいのですが、ずっと安定して充電できません。

というのは、走行中の振動のせいなのです。
電池が外れたりするわけではなく、電源瞬断が起きると昇圧回路の保護回路が働いているようです。
走行中の振動は上下にくるので、横向き(電池が水平になるように)にすれば良いのですが、ハンドル周りにちょうど良い場所はありません。
写真のように、クッション剤を貼り付けてみました。クッションが下になるようにしてみたのです。

070818_2

結果=いまいち。
振動で保護回路が働いた場合は、いったん電池を外しリセットしてやると再び充電をしてくれます。電池を全部外すなどの必要はなくバッテリーケースのカバーを外し、1本だけちょこっと押してやればすみます。簡単な操作ではあるんですが、面倒。
もっとも、走行中にずっと充電状態である必要はまったくないんですけどね。昇圧回路の保護回路が作動している状態なので、電池が減っていくわけでもなさそうですし。
時々交差点でバッテリーケースのカバーまで外して操作する、ということがいやなのです。
昇圧回路が入っている黒いUSBのアダプタをいったん抜くってのでも対処可能なんですがこっちも面倒。

どこかにスイッチつけたろかしらん。USBのアダプタのON/OFFが簡単にできればいいんだから何とかなりそう。

ところで、この現象についてネットで調べたけど保護回路については言及された書き込みは見あたりませんでした。内蔵のLEDライトをONにしたまま本体にドンドン振動を加えて見てもLEDは点いたまま。ところが昇圧回路を接続して同じように振動を加えた場合はLEDは消えるのです。それで保護回路なんだろうなあと思ったのですが、そうなんだろうか。

|

« 今日も暑かった | トップページ | 郡上八幡でモーニング »

コメント

>昇圧回路が入っている黒いUSBのアダプタ
昇圧回路は本体側でこいつは単にスイッチだそうだ。
GNDとシールドをショートすることによって本体の昇圧回路が入るらしい。
とすれば、USBケーブルを1本お釈迦にして途中にOn/Off出来るスイッチを付ければ良い、ことになる。

投稿: しんべえ | 2007/08/22 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日も暑かった | トップページ | 郡上八幡でモーニング »