« Softbankメールはタコ | トップページ | ミッドランドスクウェア誕生記念コンサート »

2007/03/19

ヤングピープルズコンサート

昨日は名東文化小劇場でヤングピープルズコンサート。
ヤングではないのですが高校生に混ざって演奏してきました…ヤングになった?若返った?

曲目はリードのジュビラント序曲、ボロディンのだったん人。
私の参加したスペシャルバンドではオリジナルとクラシックアレンジ。

演奏会は立ち見まで出た満席。
第1ステージは中学校の合同バンドなので、ビデオ撮影までしている保護者がたくさん。
それはそれでいいんだけど、一言言いたい。
どうしてそういう選曲なの?
Won't Be Long
Disney at the Movies
Sing,Sing,Sing
エルクンバンチェロ
???????????????
クラシックもオリジナルもないの?
上手な演奏ではあるし、力はあるんだから、オリジナルを入れて欲しかったなあ。
吹奏楽団の楽器編成で一番そのサウンドの魅力を引き出せるのは吹奏楽オリジナル曲だと思うんだけどねぇ。

ジャズにはジャズの楽団構成があるし、ラテンはラテンの楽団構成があるんだからねえ。
ほかのジャンルをやっちゃいけないとまでは言わないけど(大人の一般楽団にはそう言うけど)、もったいないし勘違いも甚だしいと思ってしまうのです。

クラシックのCD、吹奏楽のオリジナルCDが売れないからという理由で田舎のCD屋では手に入りません。
楽譜もそうです。小さな楽器屋ではバンドスコアやポップス、歌謡曲の楽譜しかありません。
きちんと楽器のレッスンを受けるには都会に行かないと受けられない。
そういうことを嘆くんだったらきちんと自分たちもマーケット作りに努めないと。

受けないからという理由でポップスをやるのはやめてくれないかなあ。
勘違いしたいんちきなポップスは聴きたくないのよ。ジャズはジャズ屋の演奏で聴きたいのよ。

|

« Softbankメールはタコ | トップページ | ミッドランドスクウェア誕生記念コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Softbankメールはタコ | トップページ | ミッドランドスクウェア誕生記念コンサート »