« NCCスプリングコンサート | トップページ | セッティング »

2007/01/28

イメージしたのとはずいぶん違っていた

・・・というのは今日のゴスペルコンサート。
帰ってきていろいろ調べてみたが、これが今のゴスペルなのらしい。
でも、ニューイヤーコンサートって言ったって明るい曲だけで良いのか?
それにやはり発声だってもっと鍛えられていいんじゃないの?
口先で歌っているようにしか聞こえない。

とにかくイメージしたものとは違っていた。
ゴスペルの歴史の中の黒人霊歌はニグロスピリチュアルと言われ、ゴスペルの中の1ジャンルとなってしまっているようだ。

今日のコンサート、途中で沖縄の島唄をゴスペル風に・・・なんてやってたので途中で出てきてしまいました。
プログラムに記されている「魂を揺さぶる歌声」ってのは黒人霊歌にあると思う。

魂の歌?

マヘリアジャクソンを聴け!

|

« NCCスプリングコンサート | トップページ | セッティング »

コメント

初めまして。ゴスペル好きです。
昔関わった「名古屋ゴスペルシンガーズ」を検索したら、かなり前の、この記事にヒットしました。
 思い出させてしまって、ごめんなさい。年明け早々、とってもお疲れ様でした。

 このグループの演奏は、決して「今のゴスペル」の標準的なものでなく、このグループの個性と思っていただければ幸いです。

 名古屋周辺には、ゴスペルに真剣に取り組み、信仰の有無に関わらず、より高い音楽性を目指して努力しているグループが、いくつかあります。
 機会があれば、「アノインティ」 ”Voice of Vision” 「ゴスペルはるもに」など、一度聴いてみて下さいね。
もしも、すでに聴いてもらっていたなら、ゴスペル好きとしては、嬉しい限りです。
 

投稿: ゴスペル好き | 2007/07/21 13:49

コメントありがとうございます。

>このグループの個性と思っていただければ幸いです。

安心しました。ずいぶん「違うな」と思ってました。

>機会があれば、「アノインティ」 ”Voice of Vision” 「ゴスペルはるもに」など、一度聴いてみて下さいね。

亀渕友香さん、綾戸千絵さんなどはTVで良く見かけます。
「はるもに」さん・・ネットで調べてみましたが精力的に活動されているようですね。機会があれば聴いてみます。

投稿: いんちきsax吹きのしんべえ | 2007/07/21 19:00

わーお、早速ありがとうございました。
向上心のある人達の演奏は、ジャンルに関係なく、魅力的ですね。数年前のクリスマスコンサートで、可愛い子供達の合唱と共に聴かせていただいた名古屋市民吹奏楽団も、とてもすてきでした。
ありがとうございました。

投稿: ゴスペル好き | 2007/07/21 21:43

>数年前のクリスマスコンサートで、可愛い子供達の合唱と共に聴かせていただいた名古屋市民吹奏楽団も、とてもすてきでした。

ありがとうございます。
あのコンサートではこちらとしてはもっとクラシックの曲をやりたかったのですが(子供にクラシックを聴いて欲しい)、うまく折り合いが付きませんでした。
アニメの曲などは確かに受けるのですが、そういうのが多すぎました。ルロイアンダーソンなどの名曲をもっと子供たちに教えてあげたかったです。

9月9日に定期演奏会がありますのでいらしてください。今年はちょっと不出来ですが、「火の鳥」「ハムレット」は素晴らしい曲です。

投稿: いんちきsax吹きのしんべえ | 2007/07/22 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NCCスプリングコンサート | トップページ | セッティング »