« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/26

初めて買ったゼロハリ

Zero2

写真は昭和55年12月20日発行の「別冊暮らしの設計『鞄とバッグの研究』」のあるページの写真です。
大学を卒業して就職したのが昭和54年で、その翌年に買った本ですが、この本に載っているアタッシェ・ケースの価格は13cm厚み・PG(ポリッシュドゴールド)で13万3000円となっています。

あまりにも高くて給料の安い新入社員には手が届きませんでした。
その後新しいハンドルのシリーズが投入されてドロウラッチのシリーズは「クラシックエリート」という名前で価格が大幅に下がりやっと買える価格になりました(それでも高かったですけど)。

鞄はそれよりも前からフェチなのですが、ゼロハリフェチになったのはこいつを買ってから。(そのうち他のゼロもブログに載せていきます。)

Zeroo_003

[CLASSIC Elite By ZERO]です。ロック金具が今のものより小さいです。

Zeroo_005

内装は布張りです。

Zeroo_008

蝶番のところですが昔は「zero」刻印がありません。

Zeroo_006

今のモデルでは刻印が有ります。

Zeroo_007

アルミなので重いのですが、アルミであることが理科系の人間には魅力的なのですね。
それにアポロ計画で月の石を持って帰ってきたケースってのも。
(山根一眞のいうところのメタルカラー・・・ってヤツですね)

| | コメント (0)

2006/11/22

ナゴヤ サックス フェスタ

リンク: ナゴヤ サックス フェスタ.

今年はアルトにしようかと・・・。
テナーは重いし、ソプラノは音程が厳しいし。

| | コメント (0)

2006/11/19

西尾市民吹奏楽団定期演奏会

リンク: Information.

今日は雨の中、西尾市吹の定演を聴きに行ってきました。
相変わらず良いサウンドですし、サックスの早○さんは良い音でした。

A KLEZMER WEDDING というユダヤ音楽ですが、面白いスケールで印象に残った。
今度時間があるときにもう少し詳しく調べてみよう。

「クレズマー音楽で中心となる楽器はかつてはバイオリンでしたが、19世紀以降の楽器の進歩にともなって、主役はクラリネットへと移っていきます。クレズマー音楽でのクラリネットの演奏は、高音部を中心とした非常に激しいものです。・・・」
http://www.asahi-net.or.jp/~VZ4S-KUBC/yid-klezmer.htmlより引用)
だそうだ。

| | コメント (0)

ケルブルのストラップ

Img20061113_p

井上先生のブログで話題になってたケルブルですが、買ってきました。
首のフィット感がすこぶる良いです。これだと長時間でも楽じゃないかな・・・と思います。
(実際にまだ長時間使っていませんので・・・)

問題は、紐を固定している部分です。ここが鎖骨に当たって痛いのです。
以前、アルトのミレニアムを購入した時に付属していたストラップも紐式だったのですが、同様に痛かったのを思い出しました・・・そのストラップはさらにスライダが球型ので長さ調整がやりにくかったので手放しました・・・。

こんなふうに鎖骨に当たります。

Sakotu

クッション付けました。ちょっと不細工ですが。

Cusion

最初はかしめている金具のところにクッションを巻いたのですが、それよりも皮革のところに厚めのを付け、金具を少し浮かせる方が良いことに気付き、今はこんなです。
これで様子を見て○であればさらにそのうち見栄え改良です。

| | コメント (0)

2006/11/14

関西サクソフォンフェスティバルのお知らせ

リンク: 関西サクソフォンフェスティバルのお知らせ.

今年は淡路島サクソフォンフェスティバル、名古屋サックスフェスタと2つ出ました。
来年は淡路島はなくて、関西です。どちらも2年に1回らしい。

まだ申し込んでないんだけどどうしようかな。

| | コメント (3)

アンジュラン・プレルジョカージュ

どういう訳か忘れたけど、昔々アンジュラン・プレルジョカージュのバレエのLDを買ったのでした。

リヨン国立オペラ・バレエの『ロメオとジュリエット』。
最近softbankのCFで有名なプロコフィエフです。
家にあるレーザーディスクの機械はCDも聞けるものなのですが最近調子が悪い。
早いうちにLD→DVD化をしないとと思っていたのですがなかなか時間がなくて。
なんとか昨夜DVDに入れました。

この写真は市販DVDのですけど・・・。
(市販DVDはリージョン1しかないようです。そういえばこのLDもお店の在庫処分で買ったんだった・・・売れなかったんだろう)

Lyon

久々に見ましたがやはり「凄い」です。

http://www.preljocaj.org/index.html

このサイトが彼の表現をよく表している。

http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/10000167.html

| | コメント (0)

定期演奏会終了

日曜日に定期演奏会でした・・・終わった、終わった。
演奏の出来はまあ良かったかな・・・です。
近々の演奏会では何年か前にやったシェエラザードまでは及ばないですが完成度は高かった。

最近ずっとテナーを吹いているのですが、ソロと言っても高音のフルートやEbクラと重なって低音で支える扱いが多いのです。後ろからだとフルートなどの音はよく聞こえないのでどのぐらいの音量で吹いて良いのかわかりにくいのです。

「matsu.mp3」をダウンロード
「matsuri2.mp3」をダウンロード

たまにはこういう風に自由な感じで吹いて見たかったりする。

「renga.mp3」をダウンロード

ここはもうちょっと出ても良かった。

「matsuri1.mp3」をダウンロード

| | コメント (2)

2006/11/08

ゼロハリDZ11

リンク: 商品詳細.

「2002年に発売されたDZBC(DZ8)の改良版です。DZBC(DZ8)は、ホイールの取り付け部、スライドハンドルに問題があったため廃盤になりましたが、新設計により問題点を解決し、使い勝手の良さを生かしDZ11として復活しました。」・・・だそうです。

腰の調子が悪くなってゼロハリのキャリーは持ち歩いていません。
今は、普通のバリスティックナイロンキャリーですが、中からものを取り出すのに寝かせなければ出せません。

床に置いたまま開閉できるタイプがやはり便利なのと、自転車再開から腰の調子も悪くないのでまたゼロを持ち歩くかな・・・なんですが、改良された新型が出ているんですね。

旧モデルからの改良
・ホイールの取付部・・・ホイールの軸のところにある真鍮の部分が何かにぶつかった時に変形したらしく、ホイールの回転が悪くなったことがあります。簡単に直せましたけど。
・スライドハンドル・・・ハンドルだけで持ち上げると壊れます。こういうキャリーでは当たり前です。自分ではそういうこと絶対しないのですがやられました。デパートに立ち寄ってキャリーは置いたまま商品を見ていた時です。お店の人が「盗難にあってはいけない」ということで店内のカウンター内に移動してくれたのはいいけどハンドルもって持ち上げちゃったのです。
ハンドルは伸縮するので複数の角パイプですが、パイプのラッチのところプラスチック。両側にラッチになっている四角いプラスチックベースが割れていました。これはエポキシ系の接着剤で修理しました。その部分の修理は簡単だったのですが、ケースを分解するのに時間がかかりました。ネジが特殊ネジだったのですがハンズにも売ってなくて、近いサイズのビットをグラインダーで削る必要がありました。

今使っているキャリーは軽いし値段も安いのでハンドルで持ち上げるのはしょっちゅうです。ハンドルの持ち手部分の固定がタッピングビスなのですがこの前増し締め。乱暴に扱うと緩みます。

| | コメント (0)

2006/11/06

11月12日に定演です

今度の日曜が本番です。一応ここにもPRを・・・他の楽団の掲示板から転載ですが。

ところで、
「突然の書き込み失礼いたします。」
「書き込み内容がふさわしくない場合は、お手数ですが削除をお願いします。」
って誰が始めたか知らないけど、こんなのなくて良いよねえ・・・。
変なアダルトサイトのPRじゃないんだから・・・。

さらについでですが、サックスパートはメンバー募集しています。
定演後の11月17日に見学にいらしてください。
練習曲はリードのハムレットです。

-------------------------------------------------

[39]演奏会のご案内 投稿者:名古屋市民吹奏楽団 
投稿日:2006年10月16日 (月) 21時28分

突然の書き込み失礼いたします。名古屋市民吹奏楽団と申します。この度第10回定期演奏会(記念演奏会)開催することになりましたのでご案内させていただきます。
名古屋市民吹奏楽団 第10回定期演奏会
日時 2006年11月12日
会場 愛知県芸術劇場コンサートホール
会場18:00 開演18:30
指揮 倉知竜也(常任指揮者)、渡辺康(客演指揮者)
曲目 吹奏楽のための「連歌」(倉知竜也) シンフォニックバンドのための「Reach Out!」(渡辺康)「ローマの松」「ローマの祭り」(O.レスピーギ)他
入場料 1,000円(全自由席)

お問合せ 田中邦好 (052)-831-2551
URL http://www.tcp-ip.or.jp/~tkm9833/
団員一同みなさまのご来場心よりおまちしております。
管理人様、書き込み内容がふさわしくない場合は、お手数ですが削除をお願いします。

| | コメント (0)

SONY Cyber-shot | DSC-T50 - ダブルでブレない

リンク: SONY Cyber-shot | DSC-T50 - ダブルでブレない.

昨日近所の電気屋へ行ったので現物を触ってきました。
シャッタータイムラグが気になるデジカメですが、フラッシュ撮影時にはどうなのか?
T50についてはレリーズ半押しでストロボチャージを待ち、点滅が止まった状態でレリーズをするときちんとシャッターが即座にきれます。
一方、T10については相変わらず今までのように(つまりT7のように)遅いように思った。
仕様表だと両方とも同じような表記なのですが、T50については「720万画素&スタミナ」のところに以下のような説明があります。

T50_1

仕事で使うときは動かないものを撮影することが多いのですが、それ以外の場合はシャッターチャンスを逃すことが多いのです。
銀塩カメラにはまだまだ負けていますが、ずいぶん良くなりました。
早く届かないかあ・・・。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »