« やっと涼しくなってきた | トップページ | 格安エアーコンプレッサ »

2006/09/13

フロアポンプが壊れたか?

昨夜、「さあ、今夜も10km走るか」と運動不足解消セット(マグローダー)に乗ろうとしたら空気が抜けていた。空気が抜けた場所はバルブの根本で、パックリ開いていた。
原因はタイヤにチューブを入れたときバルブ位置が悪かったためだろう。
このマシンは6気圧しか空気を入れていなかったのだが、先日買った圧力ゲージのチェックのために先日8気圧入れたのだった。リムの穴とバルブの位置が一直線じゃなく斜めになっていたんだろう。そのためバルブ根本に大きな力が加わりパンクしたんだろう。

それでチューブを取り替え空気を入れた時に気づいたのだがフロアポンプの調子が悪い。
パッキンはこの前交換した(スコスコだった)のでパッキンじゃない。バルブを塞いでポンピングするとポンプのゲージは上がるが放置しておくとゆっくりと下がってくる。ポンピングを速めて8気圧付近まであげてみた。そうしたところゲージの針の下がり具合が速くなってしまった。

「内部のチェックバルブがやられたか?」

とにかく今度の休みにでも分解してみよう。
まあ、速いポンピングで6気圧まで入ればあとはZEFALのHPXで8気圧までいけるようだから修理できなくても良いんだが。

ところで、フロアポンプって体重かけられるのは良いのですが内径太すぎると思うのは私だけでしょうか。パッキンの外径が29mm。ざっと3cm。断面積は7平方cm。8気圧入れるとすれば56kgで押さなくちゃ入りません。(1kg/平方cm=1気圧のアバウトな概算です)
4気圧程度までは大容量で送り込みたいですが、6気圧を超えたらフロアポンプでもしんどいです。それで細身のHPXでさらに上げてます。HPXだと直径2cmもないので面積3平方cm。8気圧入れるのは24kgで押せば良いことになります。それにこの手のポンプって空気を圧縮していって最後のところで「コクン」って音がして入っていくのが何気に好きだったりします。8気圧まで圧縮するわけだから体積は1/8。ポンプストロークの最後のところで空気が入ります。

非力な私としては力10kgで8気圧入れられる細身でロングストロークなポンプが欲しいんだけど。

|

« やっと涼しくなってきた | トップページ | 格安エアーコンプレッサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと涼しくなってきた | トップページ | 格安エアーコンプレッサ »