« 直管と曲がり管の比較 | トップページ | リード »

2006/05/05

ヤナギサワのカーブドソプラノ

昨日は銀座の山野楽器でカーブドソプラノの試奏。
音程はランポーネよりヤナギサワの方が良い。
試奏したのはブロンズモデルで中音域の暖かい音はランポーネとそれほど変わらないように思う。

ド#のピッチ補正の構造は同じようなメカニズム。

ランポーネの音
「r09_0001_2.mp3」をダウンロード

ヤナギサワの音
「r09_0002_2.mp3」をダウンロード


|

« 直管と曲がり管の比較 | トップページ | リード »

コメント

ランポーネの方が私は好きだなー。
こんな音がでるんですね。

ブログはまた再開します(^^)

投稿: イカサマ | 2006/05/06 16:16

きちんと曲をアップした方が良かったのですが・・・。
ランポーネの方が音域による音色の変化(統一性)が少ないように思います。
マウスピースはC☆、リードはグラコンの3です。
リガチャーはヤマハのおまけですのでノイジーです。(ベルの中に布でくるんでマウスピースを入れているのでなるべく小振りになるようにしたらノーマルリガチャーになっちゃった・・・ボナード買うかなあ・・・)
いずれにしても音の傾向は同じような感じです。
直管とはまったく違います。

投稿: いんちき | 2006/05/06 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直管と曲がり管の比較 | トップページ | リード »