« 寝るぞ | トップページ | ヤナギサワのカーブドソプラノ »

2006/04/28

直管と曲がり管の比較

昨夜、アビテックスの中に入ってヤマハのYSS62Sとランポーネのカーブドを比較しました。
アビテックスの中なので音色についての比較は無理。ベルの向きも全く違うので比べられません。
比較したのは、抵抗とピッチです。

最近ランポーネばかり吹いていたのですが、久々にヤマハを吹くと、ずいぶんピッチが安定しているし抵抗が少ないです。
リードも3と3半と2枚試しましたが、やはり吹きやすさ(楽に鳴る)、ピッチ、低音から高音までの音量の差の少なさ、どれもヤマハの方がコントロールは楽です。
しかし、吹いている時の気持ちよさはランポーネの方が良いかも。
抵抗がちょうど良いように感じられます。

ピッチについては調整出した方が良いかもしれません。
低いシ、シbがずいぶん低いので開きもいじる必要があるのかもしれません。
ベルが回ってたりするかもしれん。

|

« 寝るぞ | トップページ | ヤナギサワのカーブドソプラノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寝るぞ | トップページ | ヤナギサワのカーブドソプラノ »