« Rampone & Cazzani | トップページ | ランポーネのカーブド »

2006/04/10

名古屋サックスフェスタ

昨日はアートピアホールで名古屋サックスフェスタの本番でした。
朝10時に集合してから夜11時まで。・・・・疲れました・・・orz。
とは言っても、本番は2曲しか演奏していないし、夜の部は飲み会ですから・・・。

オープニングはプロのアンサンブル。1曲目は何だったか曲名は忘れました。2曲目は昨年もやったデビルズラグ。
このハイテンポの曲をあれだけの人数でやるんですからね・・・驚きますよ。
その後は、バリエーション・デ・サクソフォン・アンサンブルということで、ソロあり、木5+サックス、バリトンのカルテット、サックスのコンボ(打+ピアノ+弦バス+サックス)など。
バリトンのカルテットが一番面白かったです。
(ところでバリトン吹きの人ってよく立って演奏するようですが、やはり重いバリトンだから立って演奏する・・・方が・・・って思われるのでしょうね。)

2部は県内3つの音楽大学の学生によるラージとさらにその合同。
3部は雲井先生のコンチェルトで、その後が私も参加したアマチュアの100人ラージ。
演奏の方はずいぶん良かったと思っていましたが、
・ダイナミックレンジが狭い。100人もいたらもっとすごい迫力のフォルテッシモが出せないと。
・変拍子(リバーダンス)のくっきり感がない。
とのことでした。

まあけどアマチュアですからね、私ら。
あんなもんでしょうとは思いますが。

ところでプログラム順ですが、雲井先生のコンチェルトが100人ラージの前になっていたんですが、中高生の子たちの一部が雲井先生の演奏を聴かなかったのは残念でした。
コンチェルトを聴いた後に客席からリハ室、ステージへの移動するだけの時間はあったし、もともとそういうアナウンスをやっておいたのですが、気持ちに余裕がなかったのでしょう、リハ室でウォーミングアップしていました。
午前ゲネから本番までの間も長かったし仕方ないのかもしれませんが。

音大生の前にコンチェルトを持ってくるというのは先生に失礼かもしれませんが、音大生の演奏もさらに良くなったと思います。


|

« Rampone & Cazzani | トップページ | ランポーネのカーブド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Rampone & Cazzani | トップページ | ランポーネのカーブド »