« 名古屋サックスフェスタ練習(3回目) | トップページ | 会員サポート > 「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について:@nifty »

2006/04/02

出張のお供

相変わらず出張のお供を検討しています。
もしカーブドを買うとしたら、ヤナギサワかランポーネ。
ランポーネはけっこう安いです。
カーブドはストレートに比べて楽器自体が少し重くなる。

ストレートと比べると、
カーブド本体:1520g
ストレート本体:1350g

楽器本体はとにかく高いし、いくら別の楽器とはいえすでにソプラノは持っているし・・・。
とりあえず、ストレート用の軽いケースをちょっと調べてみよう。
(もしカーブドを買ってもストレートは音がずいぶん違うので手放さないし、使い分けることになるだろう。アンサンブルなどだとカーブドは主張がなさすぎになるだろうし)

で、ケースですが、Protecのケースが良さそうです。セミハードで2kg。
ストレートだと機内持ち込みできないのでソフトは不向きですし。

Protecpb310

リッターのケースはソフトケースで1.3kg。値段は安いですが大人が持つ柄ではないです。
(一番左がソプラノ用)
Rittersaxcase

今日はさっきまでソプラノを吹いていました。
ソプラノの練習というより、アルト、テナー代わりの練習に使えるかという意味合いで、です。
苦手な指の動きなどをタンギング、スラーで。
高音サイドキーからの動き(レ→シb→レ→シb)などはキーの大きさがずいぶん違うのでアルト代わりにはなりません。
でも苦手なレファ#ラド(D7の分散和音)などは練習になりますね。

|

« 名古屋サックスフェスタ練習(3回目) | トップページ | 会員サポート > 「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について:@nifty »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋サックスフェスタ練習(3回目) | トップページ | 会員サポート > 「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について:@nifty »