« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/28

直管と曲がり管の比較

昨夜、アビテックスの中に入ってヤマハのYSS62Sとランポーネのカーブドを比較しました。
アビテックスの中なので音色についての比較は無理。ベルの向きも全く違うので比べられません。
比較したのは、抵抗とピッチです。

最近ランポーネばかり吹いていたのですが、久々にヤマハを吹くと、ずいぶんピッチが安定しているし抵抗が少ないです。
リードも3と3半と2枚試しましたが、やはり吹きやすさ(楽に鳴る)、ピッチ、低音から高音までの音量の差の少なさ、どれもヤマハの方がコントロールは楽です。
しかし、吹いている時の気持ちよさはランポーネの方が良いかも。
抵抗がちょうど良いように感じられます。

ピッチについては調整出した方が良いかもしれません。
低いシ、シbがずいぶん低いので開きもいじる必要があるのかもしれません。
ベルが回ってたりするかもしれん。

| | コメント (0)

2006/04/23

寝るぞ

なんだかんだと今日は4時間近く楽器を吹いてしまいました。
1時間はテナー。
3時間はソプラノ。

最近アルトをさわる機会が減っている。
明日はジュニアブラスの練習でまた名古屋へ。
昼は池袋「大勝軒」系の「山岸」の予定。
大勝軒は岐阜にもあります。サラマンカホールへ行ったついでに寄ったことがあります。


| | コメント (0)

2006/04/19

IE7

Ie7

なかなか使いやすいですね。
まだベータですが、VISTAにはこれが入るそうです。

| | コメント (0)

新登場!UltraMobilePC"スマートキャディ":SmartCaddie STATION

リンク: 新登場!UltraMobilePC"スマートキャディ":SmartCaddie STATION.

いろいろ話題になっているOrigamiですが、SONYのVAIO-Uより優れているところ(というか、買い替えに値する理由)が見あたりません。
VAIO-Uに遅れること約2年。
やはりSONYはすごいなあ・・・とは感心する。

| | コメント (0)

♪にっしん市民吹奏楽団♪

リンク: ♪にっしん市民吹奏楽団♪.

5月14日はジュニアブラスの後、日進へ移動かぁ。

| | コメント (1)

名古屋クラリネットクワイヤー

22日はアッシー君。
7日はどうしようかな。これも聴きに行くか・・・。

-------------------------------------------------
名古屋クラリネットクワイヤー コンサートの案内

無料コンサートです。オーケストラ、市民吹奏楽団
のクラ吹きが集まったアンサンブルです。

4月22日 江南文化会館 ロビー
13時00分 開演
   :モーツァルト作曲 ピアノソナタ KV310
    第1楽章・第2楽章・第3楽章
   :次曲紹介
   :ドビュッシー作曲 パスピエ
   :NCC活動紹介 次曲紹介
   :マスカーニ作曲 間奏曲
   :次曲紹介
   :フランス民謡 クラリネットをこわしちゃった
   :アンコール曲紹介
    アンコール:ディズニー映画より
13:40 終演

5月7日(日)
ヤマハミュージック東海 店内楽譜売り場
(伏見のヤマハです)
13:30 第1ステージ開演
14:00 終演
      休憩
15:00 第2ステージ開演
15:30 終演
  曲目
  モーツァルト作曲/堤淳喜編曲 ピアノソナタ KV310
  ドビュッシー作曲/堤淳喜編曲 パスピエ
  マスカーニ作曲/堤淳喜編曲 間奏曲
  フランス民謡/堤淳喜編曲 クラリネットをこわしちゃった
  ほか

皆様お誘い合わせの上、ぜひ聴きに来てください。
お待ち申し上げております

| | コメント (0)

2006/04/18

ランポーネのカーブド・・・続き

先日購入したランポーネのカーブドソプラノですが、やはり便利ですねえ。
今のところ、ホテルでの練習という機会はないのですが、車での出張には持って行っています。
先日も焼津へ行ったのですが、家を早めに出たので30分ほど牧ノ原SAで吹いたりしました。
さすがに窓を開けては吹かないですが、運転席のシートを後ろへずらすだけで楽器を吹くスペースは充分あります。

車の中以外も自宅でのアビテックス(0.7畳)での練習でも楽。
アビテックスに出入りするのに、テナーだと楽器をドアにぶつけたりしますし、アルトでもアビテックスの中の床に置いたりできません。
カーブドだと取り回しがすこぶる楽です。

ちょっと不満な点は、
・ベルの向きがいまいち・・・ヤナギサワのカーブドだとアルトやテナーのように楽器を構えたときにベルが正面を向いているようですが、こいつは左。向かってだと右です。
・金メッキが雑・・・な感じ。こんなものなのかなあ。
・ネックが一体・・・楽器を取り出す、しまう時に1プロセス減っているのは良いのだが、ネック一体のせいでケースが長い。でも、ヤナギなどデタッチャブルだけど、意味は特に見いだせないしなあ。
ぐらいでしょうか。

音色的には以前も書いたように低域が暴れるようですが調整の問題かもしれません。
本番とかで使う予定の楽器ではないので調整するとしても来年以降。
中域の音色は、ミニアルトそのもの。
これってやはり魅力です、私には。

| | コメント (0)

2006/04/10

スパムトラバ

スパムトラバがあまりにも多いのでトラバ禁止にしてしまいました。
足跡はコメントで残してください。

| | コメント (0)

ランポーネのカーブド

Sop_1

ストレートと比べるとずいぶん短いです。
チューニングのスイートスポットがとても狭いような気がします。
そんなに抜いていないのに低いシ、シbがごろごろします。
深く差し込むとかなりピッチが上がるし。
今度の休みにそのあたりを比べてみます。
理屈では同じようになると思うんだけど・・・ストレートでは気になったことがないだけで。

| | コメント (4)

名古屋サックスフェスタ

昨日はアートピアホールで名古屋サックスフェスタの本番でした。
朝10時に集合してから夜11時まで。・・・・疲れました・・・orz。
とは言っても、本番は2曲しか演奏していないし、夜の部は飲み会ですから・・・。

オープニングはプロのアンサンブル。1曲目は何だったか曲名は忘れました。2曲目は昨年もやったデビルズラグ。
このハイテンポの曲をあれだけの人数でやるんですからね・・・驚きますよ。
その後は、バリエーション・デ・サクソフォン・アンサンブルということで、ソロあり、木5+サックス、バリトンのカルテット、サックスのコンボ(打+ピアノ+弦バス+サックス)など。
バリトンのカルテットが一番面白かったです。
(ところでバリトン吹きの人ってよく立って演奏するようですが、やはり重いバリトンだから立って演奏する・・・方が・・・って思われるのでしょうね。)

2部は県内3つの音楽大学の学生によるラージとさらにその合同。
3部は雲井先生のコンチェルトで、その後が私も参加したアマチュアの100人ラージ。
演奏の方はずいぶん良かったと思っていましたが、
・ダイナミックレンジが狭い。100人もいたらもっとすごい迫力のフォルテッシモが出せないと。
・変拍子(リバーダンス)のくっきり感がない。
とのことでした。

まあけどアマチュアですからね、私ら。
あんなもんでしょうとは思いますが。

ところでプログラム順ですが、雲井先生のコンチェルトが100人ラージの前になっていたんですが、中高生の子たちの一部が雲井先生の演奏を聴かなかったのは残念でした。
コンチェルトを聴いた後に客席からリハ室、ステージへの移動するだけの時間はあったし、もともとそういうアナウンスをやっておいたのですが、気持ちに余裕がなかったのでしょう、リハ室でウォーミングアップしていました。
午前ゲネから本番までの間も長かったし仕方ないのかもしれませんが。

音大生の前にコンチェルトを持ってくるというのは先生に失礼かもしれませんが、音大生の演奏もさらに良くなったと思います。


| | コメント (0)

2006/04/05

Rampone & Cazzani

Image01


リンク: Rampone & Cazzani.

出張のお供はランポーネのR1のカーブドにしようかと・・。
ある楽器店の中古でよさそうなのを見つけました。
問い合わせ中です。

ストレートにセミハードケースてのも考えたんだけど、やはり長い。
カーブドだとケースに入れても機内持ち込み可能でしょうし。

問題は本当にきちんと練習できるか?です。
こないだも家内に「無駄吹き」と言われてしまいました。
ロングトーンでも音楽的に、スケールでも歌って・・・なんですけど。
メトロノームを4分で、3度8分のインターバルをやってたら後ろの音が詰まっているといわれました。
つまり、表拍のタイミングは合っているが裏拍が早いって。
もっとゆっくりやるようにと指導を受けましたが、いまいちよくわかっていません。

| | コメント (4)

2006/04/04

会員サポート > 「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について:@nifty

リンク: 会員サポート > 「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について:@nifty.

1987年4月から始まったNiftyのパソコン通信が終了しました。
私が会員になったのは1987年の8月だったように記憶しています。
Niftyに入る前にすでにPC-VAN(今のBIGLOBE)とASCII PCSに入っていました。当時は300bpsの音響カプラを使ってパソコン通信をやっていましたが、Niftyに入ったころに2400bpsのモデムを使い始めたように記憶しています。
2400→4800→9600→14400→28800
とモデムの通信速度も上がっていきました。

1993年だったか、Niftyがまだインターネットプロバイダを始めてなかったのでBekkoameに加入。それまではNiftyからTELNETでInternetにつないではいましたが、FTPぐらいしか利用できなかったのでした。

パソコン通信のフォーラムは独特の雰囲気があり、「内輪」意識がとても強かったですね。
FCYCLE,FPCU,FMIDIなどいろいろ出入りしていました。
今のOpenなフォーラムはちょっとなあ・・・って思います。

| | コメント (0)

2006/04/02

出張のお供

相変わらず出張のお供を検討しています。
もしカーブドを買うとしたら、ヤナギサワかランポーネ。
ランポーネはけっこう安いです。
カーブドはストレートに比べて楽器自体が少し重くなる。

ストレートと比べると、
カーブド本体:1520g
ストレート本体:1350g

楽器本体はとにかく高いし、いくら別の楽器とはいえすでにソプラノは持っているし・・・。
とりあえず、ストレート用の軽いケースをちょっと調べてみよう。
(もしカーブドを買ってもストレートは音がずいぶん違うので手放さないし、使い分けることになるだろう。アンサンブルなどだとカーブドは主張がなさすぎになるだろうし)

で、ケースですが、Protecのケースが良さそうです。セミハードで2kg。
ストレートだと機内持ち込みできないのでソフトは不向きですし。

Protecpb310

リッターのケースはソフトケースで1.3kg。値段は安いですが大人が持つ柄ではないです。
(一番左がソプラノ用)
Rittersaxcase

今日はさっきまでソプラノを吹いていました。
ソプラノの練習というより、アルト、テナー代わりの練習に使えるかという意味合いで、です。
苦手な指の動きなどをタンギング、スラーで。
高音サイドキーからの動き(レ→シb→レ→シb)などはキーの大きさがずいぶん違うのでアルト代わりにはなりません。
でも苦手なレファ#ラド(D7の分散和音)などは練習になりますね。

| | コメント (0)

2006/04/01

名古屋サックスフェスタ練習(3回目)

今日は3回目の練習。来週の日曜日は本番です。
ずいぶん良くなっています。
一番大変なのはリバーダンスの最初のピッチ。
ソプラノとアルトの音程がとにかく合わない。
私はテナーなのでそこは休みなんですが、みなさんよろしくお願いしますね。

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »