« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/29

Left Alone

日曜日、Jrブラスの演奏会が終わってからの打ち上げ。
場所は栄の「酒郷だんごや」。
雰囲気の良い店でした。
お座敷とは言っても完全に個室になっているわけではないので周りの人の声も聞こえてきます。

BGMはLeft Aloneがかかっていたりしました。
Left Aloneといってもビリーホリデーの歌がかかっていたわけではなく、マルウォルドロンのピアノ、ジャッキーマクリーンのアルトサックスです。
私もサックス吹きですからアルバムは当然持っているわけで、帰ってきてから(と言っても日曜日の夜は酔っぱらって寝ましたから月曜日の深夜)に繰り返し繰り返し10回ほど聴いてしまいました。

Where's the love that's made to fill my heart
where's the one from whom I'll never part
first they hurt me, then desert me
I'm left alone, all alone

Where's the house I can call my own
there's no place from where I'll never roam
town or city, it's a pity
I'm left alone, all alone

Seek and find they always say
but up to now, it's not that way

Maybe fate has let him pass me by
or perhaps we'll meet before I die
hearts will open but until then
I'm left alone, all alone

Billy Holiday

| | コメント (1)

2006/03/27

名古屋ジュニアブラス本番

昨日は名古屋ジュニアブラスの本番でした。
曲目は、
・キングコットン
・WINDSONGS
・バンドのための民話
・ハウルの動く城ファンタジー
・美女と野獣メドレー
でした。
ジュニアの本番としては2回目。

さらに名古屋市吹の演奏で、
・風紋
・スラブ行進曲
・サウンドオブミュージックメドレー
でした。

曲数はたくさんあったので結構長丁場で疲れました。

演奏の出来はまあ○というところでした。

高校生の岩○さん、ずいぶん上達しました。
小学生の○○さん、次は全曲吹けるように頑張りましょう。

| | コメント (0)

2006/03/23

saxophones.co.uk Xtreme saxes by Benedikt Eppelsheim

sop

リンク: saxophones.co.uk Xtreme saxes by Benedikt Eppelsheim.

あらら、ソプリロもここで売ってた・・・。
市販されていないと思っていたんだけど。
Price: £1,318.29 £1,548.99 Including VAT at 17.5%
きっと「音程はない・・・」だろうな。

Tubax も売ってる・・・驚いた。

| | コメント (4)

saxophones.co.uk Yanagisawa Soprano Saxes

リンク: saxophones.co.uk Yanagisawa Soprano Saxes.

カーブドのシルソニはこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

SD/miniSDカード用USB2.0リーダーライター BN-SDCGP3 : 商品概要 | パナソニック商品カタログ

リンク: SD/miniSDカード用USB2.0リーダーライター BN-SDCGP3 : 商品概要 | パナソニック商品カタログ.

オークションで買った2GBのSDがリブレットでは2GBにならない・・・。
リブの取説を見たら、SDは1GBまでしか使えません、だって。

2GB対応のカードリーダーはプリンストンのもあったのだが、直接USBに挿せるタイプの方が好みなので、これを注文しました。

| | コメント (0)

2006/03/21

第7回淡路島サクソフォンフェスティバル終了

本番終えて先ほど自宅に帰ってきました。
途中、高速が渋滞していたのでずいぶん時間がかかってしまいました。
渋滞が解消してからまた走ろう、と名塩のSAで食事をしたのですが、「ヒレカツ」をたのんだのに「何だ!これでもヒレカツかい?」ってなカツでした・・・・コラッ!

で、今回の演奏会ですが、淡路島生まれの私としては少し不満。
演奏の方はとりたてて不満はないのですが、それ以外のところで。
まず、お客が少ない。
参加している中学校(青雲中、広田中、一宮中、三原中、岩屋中)はたくさんあります。
たぶん、その学校の吹奏楽部のサックスパートなんだろうけど、どうして他の楽器の部員が聴きに来ないのよ?
アマチュアの演奏だけなら仕方ないかもしれないが、プロも演奏しているわけで、ちゃんと音楽のお勉強になるんですから。

演奏者の方も淡路島在住の大人が出ていないのでは?思いましたが、どうなんでしょう。
プログラムには淡吹、洲吹の演奏会のチラシが差し込まれていましたが、洲吹はスタッフですが、淡吹のサックスパートは今回参加していないようでした。

事務局のご苦労は大変なものだったとは思いますが、PRがちょっと不足している?と思ってしまいました。
一般の聴衆も少なかったし。
演奏者側の内輪コンサート?ですよね、これでは。

何にしろ、お客さんが入っていないと演奏する方も「何だかなあ・・・」ってなってしまいます。
音も響きすぎるし。

名古屋サックスフェスタは昨年聴きましたが、お客はちゃんと入っていますし。
演目的には同じようなのになぜにこんなに違う?
名古屋の場合はプロがそれぞれの弟子を連れてくるのに対し、淡路島は交通不便のため、京阪神で活躍するプロが弟子を連れて来れない?んだろうなあ。
・・・それはつまり、淡路島内にサックスの先生がいないってことですね、きっと。

| | コメント (0)

しづかホール

今日はここで淡路島サクソフォンフェスティバルの本番です。pic000074.jpg

| | コメント (0)

2006/03/19

SC-992

SC9937sm

Yanisc991bsm

柳澤のSC-992で検索してたらこんなのありました。
ブラックラッカー、ソリッドシルバー・・・。
どんな音がするのでしょう。吹いてみたいですね。
ブロンズのSC-992にソリッドシルバーのネックという組み合わせも吹いてみたいです。

ところで、旧モデルと比較した写真も見つけました。
SC-992はやはりミニアルトです。

sc992902

| | コメント (2)

2006/03/18

名古屋サックスフェスタ練習(2回目)

今日の練習は名古屋市青少年文化センターでありました。
この練習室は以前もJWEとの合同練習やジュニアブラスの練習でも利用したことがあるので狭いことはわかっていたのですが、やはり今回のフェスタの人数だと狭いです。
あまりの狭さなので、まず部屋に入る前に楽器を出してケースはお預け。
下駄箱も少ないので靴は袋に入れて持ってはいる状態でした。

家内は買い物のために一緒に来たのですが、練習室前で雲井先生にバッタリ。
雲井先生に私を紹介してくれたのは良いですが、「夫です。下手ですけど」。
確かに他に紹介の仕方はないですわ、そりゃ。

さて、今日の練習ですが、とりあえずディベルティメントを遠藤先生の指揮で通し。
その後雲井先生にバトンタッチ。訥々としたしゃべりでわかりやすい指導でした。
モーツァルトはずいぶん良くなりました。
あとはソプラノの速いフレーズがきちんと揃えばです。

リバーダンスのソプラニーノのソロとか心配なところもあったのですが、ソリストはずいぶん練習を積んできたようで音程が大きく外れるということはなかった。
(マクストーンのニーノらしいですが、確か中国製。ずいぶん進化したようです、中国の楽器も。雲井先生がその楽器を借りて吹いてみたりしてましたが、あとマウスピースとリード次第では使える楽器ではあるというようにおっしゃっていました。)
でもこの曲は難しいですね。
1小節目の出だしの音程も大変だし(テナーは関係ないですけど)、テンポの変わり目に気をつけていないと。

指揮がちょっとまだわかっていないところがあるのですが他の人はどうなんだろう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/13

淡路島サクソフォンフェスティバル練習参加

昨日は淡路島サクソフォンフェスティバルの練習に参加しました。
練習は全部で3回あって、その2回目です(1回目はPassしました・・・だって遠いんだもの)

練習場所は西ノ宮駅前のフレンテホールの練習室。
6時から始まるのだが早めについたのでホールの入り口にいたところ、サックスを持ったお兄さんやらクラリネットを持ったお姉さんやらが来ました。
「こんにちは」とクラのお姉さんに声をかけられたので、「こんにちは」と返したが、さてこの人たちは誰だろう。
近畿大学の楽団らしいバッグを持っている人もいたし、花束を持っている人もいました。
6時から始まるからそろそろ行こうか、と言って行っちゃいました。
きっと近くのホールで誰かの演奏会でもあるのだろう。

6時ちょっと前にフェスティバルの事務局の松○さんが到着。
練習室へ入って机を片付け、椅子を並べました。
松○さんは淡路島の人です。
ウォーミングアップをしていたら、奈良から来たというテナーが参加。
JRで人身事故があったとかで、他のメンバーは遅れるだろうとのこと。
奈良でアンサンブルをやっているそうで、今回のフェスティバルでもアンサンブルで1曲演奏するそうだ。

指揮者の長瀬先生が到着したがその時点では人が少なかったので合奏練習は7時からになった。
結局参加は、
アルト:2本、テナー:5本、バリトン:1本
でした。
アンサンブルですね、これでは。
前回の練習はさらに少なかったとのこと。
本番は約90名なので、次回の練習ではもっと人数が多くなる予定(?)。
ここでの練習とは別に中学などでは練習会を行っているそうで、参加単位は中学校の吹奏楽部のサックスパートということになるので、顧問の先生が指導しているとのこと。
その先生向けに今日はビデオも撮影しておりました。
前回のメンバー表では由良中が参加してましたが、今回は三原中が参加しています。
私の母校の御原中は参加していません。
(ところで、私の母校は「御原中学校」と書いて「みはらちゅうがっこう」と読みます。上記の三原中もおなじ「みはらちゅう」なので区別のために、「おんちゅう」「さんちゅう」と言っていました。正式は西淡町立御原中・・と三原町立三原中・・なのですが、今はともに南あわじ市なのでどうなっているのでしょう・・・)

さて練習内容ですが、とりあえずマーチから練習。ラデツキ、フローレンティナー、アンパリトロカとやった後、展覧会。とにかく音が少なくて、ソロがなくて状態。
古城のソロは長瀬先生が振り向いて吹こうか・・・とか。
展覧会は最初と古城とキエフだけなので、ちょっとつまらない。
キエフの途中で9時。9時21分に西ノ宮を出ないと帰れないので早退しました。

例年は前日に淡路島で練習があるのだが今回はないので、難しいファンファーレはカットしようか、とか言ってます。そういう理由で曲もカットが多くなっているようです。
次回練習は19日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Anfree

0224_15


今日の午後は新幹線に乗るまでにずいぶん時間があったので金山のバルドンへ行ってきました。
この前から検討しているカーブドソプラノですが、バルドンにはAnfreeが置いてありました。
早速試奏。
ストレートと比べてずいぶん柔らかい音がしますね。
音程が良くないとか言われますが、何とかなりそうです。
一応チューナー見ながらも吹いてみました。

大きくないし、重くないし、これなら持って出歩くのは楽しそうですが、小さい低音はずいぶん苦手なようですし、左手のテーブルキーが使いにくい。
特にド#は最悪でキーの動きが反対じゃないですか・・・。
しかも、他のキーがずいぶん軽いのに左手は重い。
柳澤のSCも旧モデルはこういうキーなんだろうか。
キャノンボールもこういうキーなんだろうなあ・・・いろいろ写真で見ると。
柳澤、カドソン、キャノンボールをそのうち吹いてみたいですね。

ところで、バルドンにはスターリングシルバーのテナーも置いてあったのですが、当然買えないし買わないので吹いては来ませんでした。
やはり面の割れてる楽器屋さんでは買わないのに試奏・・・ってちょっとね。
・・・・といいながらAnfreeは試奏してきたが。

0224_18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/11

明日はハード

明日は午前中は名古屋ジュニアブラスの練習があります。
食事して適当に時間を潰して夕方には西ノ宮。
駅前のフレンテホールで淡路島サクソフォンフェスティバルの練習が、夜6時から。

練習は9時半までなんだけど最後までいたら帰れなくなってしまいます。
9時21分に西ノ宮駅で電車に乗らないと帰れません。
尼崎で新快速に乗り換え、新大阪でのぞみに乗り換え・・・自宅着23時40分の予定。

frente_pic


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

R-09

R09


リンク: ローランド・ホームページ.


R-1の後継機なんですけど、とにかく安いですね。
SONYのレコーダーはずいぶん高いし大きいし。
入力コントロールがAGCになったらしいのですが、マニュアル設定はできないのかしら。
普段はAGCでも良いんだけどマニュアルで調整したいときもあるんだよー。

値段は4万円以下。2GBのSDも1万円ぐらいなので、予備SDを含めると6万円也。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/05

名古屋サックスフェスタ初練習

今日は14時から17時まで名古屋サックスフェスタの初練習でした。
曲目は、モーツァルトのディベルティメントとウィーランのリバーダンス。
最初に曲を知るためにとりあえずの合奏。その後パート練習。そして最後に合奏。
合奏の指揮は遠藤先生でした。

パート練習は、ディベルティメントを佐野先生、リバーダンスは名前を存じ上げない先生でした。
佐野先生はアリオンでテナーを吹いている方で、とても暖かく柔らかい音の人です。
今回は助っ人で指導に来られたとのことでした。

ディベルティメントは落ちるまでのことはないし、ずれることもないですけど、リバーダンスはよくわかりませんねえ。
テナーは下の方でブーブーやっているのですが、変拍子なのできちんとチェックしておかないとだめです。
「たぬきねこねこねこ、たぬきねこねこねこ、たぬきねこねこねこ、ねこねこねこたぬき」なのです。
曲がわかりにくいのがわかってたのでMD持って行って録音したのは正解。
高音のメロを聴きながら「たぬきねこねこ・・・」やっていればわかると思う。


下の写真は佐野先生です。アリオンのサイトから勝手に持ってきて貼り付けちゃいました・・・(^_^)

norie112

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »