« 明日はハード | トップページ | 淡路島サクソフォンフェスティバル練習参加 »

2006/03/13

Anfree

0224_15


今日の午後は新幹線に乗るまでにずいぶん時間があったので金山のバルドンへ行ってきました。
この前から検討しているカーブドソプラノですが、バルドンにはAnfreeが置いてありました。
早速試奏。
ストレートと比べてずいぶん柔らかい音がしますね。
音程が良くないとか言われますが、何とかなりそうです。
一応チューナー見ながらも吹いてみました。

大きくないし、重くないし、これなら持って出歩くのは楽しそうですが、小さい低音はずいぶん苦手なようですし、左手のテーブルキーが使いにくい。
特にド#は最悪でキーの動きが反対じゃないですか・・・。
しかも、他のキーがずいぶん軽いのに左手は重い。
柳澤のSCも旧モデルはこういうキーなんだろうか。
キャノンボールもこういうキーなんだろうなあ・・・いろいろ写真で見ると。
柳澤、カドソン、キャノンボールをそのうち吹いてみたいですね。

ところで、バルドンにはスターリングシルバーのテナーも置いてあったのですが、当然買えないし買わないので吹いては来ませんでした。
やはり面の割れてる楽器屋さんでは買わないのに試奏・・・ってちょっとね。
・・・・といいながらAnfreeは試奏してきたが。

0224_18

|

« 明日はハード | トップページ | 淡路島サクソフォンフェスティバル練習参加 »

コメント

>いんちきSaxさん

 こんばんは、こちらでは初めまして。山崎と申します。先日は書き込みありがとうございました。

 カドソンのカーブドソプラノ、C#キーの傾き方を確認してきました。やはりこちらで紹介されているAnfree同様、通常のテーブルキー仕様のものとは逆向きに折れるようですね。おそらくLowBbやLowBのキーを楽器の左側に配置するとどうしてもそうせざるを得ないようです。
 もしこれに違和感があって気になる、ということであれば、やはり今のところの選択肢としてはヤナギサワの新製品(SC-991もしくはSC-992)がいいのかもしれませんね。中国製の某メーカーもヤナギサワが新シリーズを出したとたんにコピーしたようですが、これはちょっと・・・。

投稿: 山崎隆之 | 2006/03/25 23:15

山崎様

ありがとうございました。やはり私には向いていないようですね。
アルト、テナーがマーク6とかだったら問題ないのかもしれないのですが、両方ともシリーズⅢです。
ヤナギサワのSC-992が良いですね。
ヤナギサワに電話してみたのですが、シルソニのSC-9930,9937は海外でしか入手できないそうです。
当分悩めますね。

投稿: いんちきSax | 2006/03/27 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49525/9064606

この記事へのトラックバック一覧です: Anfree:

« 明日はハード | トップページ | 淡路島サクソフォンフェスティバル練習参加 »