« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/21

VAIO-Uで楽譜入力

fin1fin2楽器をやっている関係で結構楽譜を作成したりすることがあります。
使っているソフトは定番のFinaleです。
このソフト多機能なんだけど、ベースがマックなのでWindowsマシンを使ってきた私にはちょっと使い難い。
特にページレイアウトがわからない。

知人でやはりFinaleを使っている人がいるが、マックでFinaleという人が多いようだ。
そういう人と楽譜をやり取りするとフォントの違いでタイトルは文字化けすることもある。

写真は今度演奏会で演奏する曲のパート譜がなくなっているのでスコアから起こしているようす。
自宅のデスクトップだと打ち込み用のキーボードも接続してあるし、スキャナも繋がっているので便利なんだけど、出張用のVAIO-Uでの使い勝手をみてみた。

答えは「結構使えるじゃん」。
デスクトップではとうていまね出来ないことができる。
写真のようにスコアの上にパソコンを置いて使える。視点の移動が少ないのでスコアを見ながら入れていくのならこれはこれで便利だ。

デスクトップでないとできない(大画面でないとできない)のは、スキャナ入力からのコピー&ペースト、印刷。スコアの見渡し、複数パートの比較。
ひとつのパートを入れるだけならVAIO-Uは独自の使い方ができて便利。

・・・ところでFinaleって毎年のようにバージョンアップ。先日2004から2005にしたんだけど出費が痛いなあ。
でも新機能見るたびに「改善されている」ので仕方ないのか。
明らかなバグフィクスでない限りは有償・・・・ちょっと不愉快。

| | コメント (0)

2005/03/18

WAVE/MP3レコーダ R-1

R-1製品情報 R-1
生録したものをパソコンに取り込むのにこれまではMDとEDIROLのオーディオインターフェースを使ってきたのですが、こういう手軽なものが発売されました。
パソコンにはオーディオ入力用のコネクタがあるのですが、そこから録音するとパソコンのノイズを拾ってしまいます。
その対策に使っているのがやはりEDIROLのUA-20でした。
UA-20
しかしこのR-1だと直接本体でコンパクトフラッシュに録音できるだけでなく、WAVファイルで作られるのでPC取り込みも簡単。コンパクトフラッシュにWAVファイルを入れてやれば再生マシンとしても使えるのだろうか。
A-Bリピートもあるし、半速(音程を変えずにスピードのみ半分の速度)再生もできるので練習にも使えるのではないだろうか。
欲しい・・・・・・・。
本体は4万円ぐらいにしても2GBのコンパクトフラッシュって高いだろうなあ。
やっぱまだまだしばらくはMD使うしかないね。

そうそう、コンサートホールなどでの録音は標準はDATなんだけど、あれってこういうのに変わんないかなあ。


| | コメント (1)

2005/03/15

名古屋市文化振興事業団

名古屋市文化振興事業団

10日(日)名古屋市民吹奏楽団
スプリングコンサ-ト14:0015:30名古屋市民吹奏楽団田中 邦好
052-831-2551500円(全自由席)

チラシです。
「tirasi.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

ハウルの動く城

ハウルの動く城

先週は木・金の予定で旭川へ出張しました。
いつまでに片付くのかが見えないので、木曜の夜にがんばってたら結局金曜日はOFFになってしまいました。

旭川市内の映画館は3箇所あり、2箇所はシネコンで郊外型の映画館。宿泊しているホテルからはずいぶん遠い。
歩いていけるところは東宝のみ。
上映しているのは、「ハウルの動く城」と「ローレライ」。

まず、ローレライは許せない。広島の原子爆弾の次に東京に原爆が落とされるという想定でそれを阻止するとか。
愛のために戦う・・・なんてことはなく、当時は「天皇のために戦った」んですから。
戦争賛美の映画にしか思えない。
イラク戦争のまっただなかにある日本でこんな映画流行ってもらっちゃ困る。

・・・ということで同じ戦争を扱い、反戦メッセージのあるハウルを見てきました。
戦争を中止することをサリマンが決定するんだけど、このあたりはあまりにもあっけなくて残念ですけど。


| | コメント (0)

2005/03/06

The Hindsley Transcriptions, LTD.

The Hindsley Transcriptions, LTD.

どうして輸入楽譜って高いんでしょう・・・。
この出版社については個人輸入で買っています。
送料を含めても安いです、国内で買うより。
Mark Hindsleyの息子のBobはとても親切ですし。

Thanks for your interest in my father's
transcriptions. Bob Hindsley

| | コメント (0)

ワイドビューしなのの座席は嫌い。

出張用のカバンはゼロハリです。DZBCというPCキャリーを使っています。
このカバンはけっこう大きくて重いので(機内持ち込み可能サイズではあるんですが)、列車移動の時は足元におきます。
36548894-1DZ
足元におく場合、足を乗せる台(オットマン?)のようなものがあるとこんな風になるのです。
ほんとに邪魔なものが付いています。車内を見回しても使っている人はほとんどいませんでした。
sinano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »